株式会社ホレスト
期間2020年4月1日~2021年3月31日
営業所区分本社営業所
安全衛生責任者営業部長 関根 敏正

1)事故防止のための安全方針

  • 全従業員が安全意識を持ち、手抜きせずに確実な安全確認を実施します。
  • 安全運転・安全作業は、基本動作・ルールを怠らず常に平常心で行います。
  • 基本を徹底し、憶測や経験に頼らず、初心を忘れずルールを遵守し職務を遂行します。

2)社内への周知方法

  • 「安全方針」を、社内、営業所内のよく見える場所に掲示する
  • 安全会議のはじめに、全員で安全方針を唱和する

3)安全方針にもとづく目標及び達成状況

本社事故状況2020年
目標
2020201920182017201620152014
規則第2条事故0件0件0件0件0件0件0件0件
交通事故(人身)0件0件0件0件0件0件0件0件
交通事故(物損)8件4件12件13件7件20件13件6件
現場内事故(物損)11件8件15件16件12件12件5件2件
車両接触6件7件8件11件9件6件3件2件
労災事故0件3件2件0件0件0件0件
その他7件0件10件6件
32件22件45件48件28件38件21件10件
*弊社の被害事故、車庫内トラブルは含まない。
*2020年8月末現在

4)目標達成のための計画

活動計画実施目標実施状況
安全衛生委員会1カ月に1回本社(2019年4月~)
安全対策会議
 ・事故再発防止対策※一時中止社内報にて代替
 ・KYT(危険予知訓練)※一時中止社内報にて代替
安全教育
 ・乗務員安全教育12項目3ヶ月に1回
 ・初任運転者教育対象者入社時随時
 ・適齢運転者教育65歳対象者随時
 ・事故惹起者教育随時トラック総合教育センター
 ・DVD教育1年に1回
 ・管理者外部研修随時
適性診断
 ・初任、適齢、特定Ⅰ随時随時
ひとりKY活動1週間
事故惹起者対象
健康診断年1回又は2回随時
運転記録証明書発行1年に1回
デジタルタコグラフ装着全車両随時全車両装着済
ドライブレコーダー装着全車両随時全車両装着済
バックモニター装着全車両随時2019年3月~
5S活動1回以上/月
表彰 - 安全ドライバー賞(無事故)年1回2019年:31名(¥10,000/人)
表彰 - ザ・ベストドライバー賞2019年:5名(¥20,000/人)
家族と一緒に考えよう
安全運転!
年2回(表彰)2020年1月~(5回目)
2020年7月~(6回目)
お誕生日お祝い年1回2020年12月まで実施予定
ドライバー紹介奨励金2018年5月~30,000円 / 人
入社お祝い金【紹介のみ】2018年5月~20,000円 / 人
食事代補助(チケットレストラン)2020年1月~年に約20,000円 / 人

5)安全に関する情報交換方法

  • 3か月1度の安全会議の際に、安全に関する意見交換の時間を設ける。(ヒヤリハットの情報共有)
  • 管理者は、定期的にドライバーとの個人面談を行う。
  • 毎月のはじめ、先月の事故報告書をLINEで共有し、再発防止に努める。

6)安全に関する反省事項及び改善方法

  • 反省事項:昨年度は、現場内及び車庫内での作業事故が多く、その内のいくつかは、人命に関わる可能性の高い事故も多かったため、安全作業手順の教育不足を感じた。
  • 改善方法:事故惹起者の安全教育の実践(トラック総合教育センター)。ベテランドライバーによる、新人ドライバーの(作業及び運転)教育の強化。添乗指導を行う。

7)自動車事故報告規則第2条に規定する事故に関する情報

自動車事故報告規則第2条に規定する事故に関する情報
事故発生件数0件
事故の種類
衝突の状態
行政処分等
※自動車事故報告規則(H15.9.26改正国土交通省令第95号)第2条に定められた自動車事故(車両の転覆・転落・火災の発生、死者・重傷者・踏切事故の発生、積載物の飛散・漏えい、運転者の疾病による運行停止、制動装置・かじ取装置・車軸等の故障による運行停止など)