発生日種類発生状況原因再発防止
H29.01車両接触車が急に車線変更し、前方に止まった。ブレーキを踏み、交わしたところで後方から来た大型と追突した予想外の車線変更危険予知運転を心がける。怪しげな車を見つけたら徐行する
H29.01交通事故(物損)居眠り運転で、相手の車に追突した睡魔を我慢し、休憩を取らなかった。到着時刻が迫っており、焦りがあった20分でも休むと疲れは大分とれる。ラジオ等の使い方も併用
H29.01作業中物損フォークリフトでALC版を2段(40枚)を倉庫に移動中、倒した地面の段差があった。ALC版の高さが高かったALC版の移動は、1段(20枚)ずつ行う。段差のある場所では、スピードを落とす。
H29.01作業中物損誘導員の指示のもと、バック時、後ろのトラックに追突したブレーキを踏むつもりが、足を滑らせアクセルを踏んでしまった。ブレーキペダルゴムの磨耗ブレーキペダルのゴムの交換
H29.02交通事故(物損)左カーブの際、並んで走っていた右側の中型車と接触した譲り合いをしなかった。車間距離が足りなかった並んで走る車との車間距離を十分確保する
H29.02作業中物損フォークリフトで長梁を下ろす際、荷崩れした長梁の重心が取れていない状態で、ゆっくり走れば大丈夫だろうという気持ちになった。経験不足長尺ものは、事前に重心の位置を確認する。
H29.04車両接触右折時、入口の狭い駐車場のポールに接触したポールがあることは認識していたが、何回か切り返ししているうちにポールの存在を忘れてしまったトラックから降りて目視で障害物を確認する
H29.04作業中物損床材をユニックで積み込む際にブームが屋根に当たった積込・旋回作業中、話しをかけられて意識がそちらに行ってしまった。旋回範囲の事前確認不足事前旋回範囲の確認と作業中、会話をしない。話しをかけられた場合は、一旦作業をストップする
H29.04走行中荷崩れカーブに差し掛かった所で荷崩れした荷締めが甘かった。荷締めのスキル不足荷締めのスキルを取得。荷締め後の確認を徹底する。
H29.04作業中物損フォークリフトの爪でトラック荷台の反対側の柱を損傷させてしまったフォークリフトの爪が出すぎていたフォークリフトの爪の先端部を目視で確認(怪しい場合は下りて確認)
H29.05車両接触フォークリフトのバック時、後ろの車両に積んでいた梁にフォークリフトのミラーをぶつけた後方の確認不足障害物がある場合は、車間距離を確保して作業を行う。
H29.05走行中荷崩れカーブ時、荷崩れを起こした荷締め不足。スキル不足。慣れていない仕事。荷締めのスキルを取得。不安な場合は、最後まで熟知している先輩に指導してもらう
H29.07車両接触車の横アオリを閉めようとしてクレーンに接触したクレーンへの横付けが近すぎたクレーンとの距離を確保する
H29.07作業中物損関係者のいない中、雨天での納品作業時、床材を濡らしてしまった。自分の判断で行った。報・連・相の欠如想定外の事態に直面した場合は自分で判断せず、関係者(施主、会社)に連絡し指示を仰ぐ
H29.07作業中物損フォークリフトでバックでMDFを運ぶ際、滑り落ちた滑りやすいという認識不足。急な方向転換。滑りやすいものは十分スピードやハンドル操作に気を付ける
H29.07作業中物損ラッシングを外す際、隣にあった職人の車に接触した不注意車両周辺の障害物などの確認徹底
H29.08作業中物損厨房機器搬入時、フックが厨房機器に接触し、凹んだ荷が高く玉掛時、フックが厨房機器の横の位置に来てしまった。ヤワラ等を怠った。品物から完全に離れた位置にフックを下げる。毛布等を入れて接触しないよう工夫する
H29.08作業中物損仕事以外で、客先に頼まれた品物を吊り上げた際、スリングが内側に寄ってしまい、品物が落下し、車両に凹みと傷ができた予定外作業を受けてしまった。玉掛を自分で確認しなかった。基本、会社から指示があった仕事以外のことはしない。やむを得ない場合は、玉掛は必ず自分で確認する。
H29.09交通事故(物損)現場周辺で待機した後、車を再度動かす際、トラックの左後部が壁に接触した壁に近すぎ。運転ミス。確認不足。必ず降りて確認
H29.09作業中物損ALC版積込後、荷締めの際、角が少し欠けてしまった荷締め時の不注意荷締め時の工夫(毛布等)
H29.10車庫内トラブル梁を積んだトラックをバックで駐車時、隣のトラックのミラーに梁が接触し壊した。梁の長さの認識不足。バック時の運転ミス。後方確認の欠如長さを考慮し、切り返しを行う。自信がない場合は、一旦停止し後方を確認する。
H29.10車庫内トラブル車庫で乗用車をバックで駐車時、隣のトラックに接触した後方確認不足しっかり後方を確認し、ゆっくりバック駐車を行う。
H29.11作業中物損空調機の荷締め方法を誤り、凹んだ。客先支給の角当てを使用しなかった。客先指定の作業マニュアルの教育の徹底。
H29.11車両接触右折時、車両前方の左側が隣地のブロックフェンスに接触した。高低差があり、車の切り返しの際、車が下がってしまった。高低差がある所での切り返しは、車止めをつけて行う。そもそもバックで進入すべきだった。
H29.11車両接触入場時、段差を乗り越える際に積荷が上部のコンクリートに接触し、商品が凹んだ。他の商品より30cm高さがあった。段差の見落とし。高さの事前確認の欠如。入場する前に車から降りて確認。
H29.11車両接触右カーブに差し掛かった時にガードレール脇にある電柱に左側のミラーが接触した。慣れた道での油断。運転ミス。走りなれた道こそ、常に集中して運転することを心がける。
H29.12交通事故(物損)バック走行時にトラックの左後ろの角を標識の支柱にぶつけた。確認不足、注意不足大丈夫だろうと思わず、周りの確認・注意を徹底する
H29.12交通事故(物損)ALC版を2段積みにし、道路のカーブを曲がる際、荷崩れし10枚程破損したカーブ時のスピードの出しすぎALC版は重い為、カーブ時はスピードを減速する。
H29.12作業中物損ユニック車のクレーンの旋回時、根元が積荷の商品に接触し、キズがついた旋回時の不注意クレーンが吊荷以外にも接触しないか、注意する
H30.01交通事故(物損)バック時、後ろの自転車に接触した。住人に道を空けるためバックしたが、焦ってしまって後ろの確認を怠った。焦らず、バック時切り返しを行う。
H30.01作業中物損ユニック車のクレーン先端が下の電話線に引っ掛かりたるんでしまった。逆光引っ掛かる前に倒して縮めれば回避できた。
H30.02車両接触トレーラーをかわして左側に寄せようとした所、桜の木の枝に接触した。土手に気を取られ、桜の木の枝が道に出てるのを見落としてしまった。自分の車両(大型)の高さを意識し、危険だと思った時は、車から降りて目視で確認する。
H30.02車両接触狭い道で右鋭角に曲がる時に、左側バッグミラーが接触した。右折時、膨らみすぎた。鋭角などのカーブ時は、ゆっくり行う。
H30.03車両接触狭い道を走行中、電柱に左ミラーを接触した。狭い道であったため、対向車を気にしすぎてしまった。徐行でもぶつかりそうな場合は、ミラーをたたみ、対向車が過ぎるのを待つ。
H30.03作業中物損MDFのフォークリフト作業中、荷崩れしてしまった。2段重ねしてフォークリフトで運んだMDFは2段重ねした状態で運ばない
H30.05作業中物損フォークリフト作業中、爪が反対側の荷物に当たり、崩れた爪の刺しすぎ。
長爪のフォークリフトの使用
長爪のフォークロフトを使用しない。爪の短いフォークリフトを使用する。
H30.05作業中物損ユニックで搬入作業時、上のインタネットケーブルを引掛け、破損させた。搬入時間を気にしすぎた。安全な場所にて作業を行わなかった。注意不足。焦らずに何回も注意点を確認し、冷静に落ち着いて行動する。
H30.05車両接触カーナビ通りの道が狭く、後方からも車が現れ、慌ててバックし接触した。事前に周辺状況の説明が先輩からあったが、聞かなかった。
バック時、後方の確認をしなかった。
経験者からの説明をしっかり、理解し自分の判断で行動しない。
H30.05車両接触現場入場時、路面の段差が激しく、フロントバンパーが接触した。侵入経路の事前確認の欠如見た目、段差が激しい場合は、一旦降りて確認し、方策を講じる。
H30.05運転中物損バック時、右後ろのアオリ、下部コーナーを近隣のブロック塀に接触した。バック時、左側の車ばかり気を使ってしまい、右側の注意が足りなかった。障害物がある道のバック時は、ミラーだけに頼らず、一旦降りて自分の目で確認する。
H30.05車両接触ポールに車体が接触、車を止めた後、アクセルに足を踏み変えようとした際に車体が少し下がり、左ウィンカーが破損した。現場の事前確認不足狭い現場の場合は、入場前に歩いて現場の下見をする。
H30.06運転中物損信号待ちをしている車の後ろに接触した。いつも通る道で、考え事をしていて前方を見ていなかった。油断せず、運転に集中する。
H30.06運転中接触車線変更(右→左)時、左側を走行していた2t車のボディにミラーが接触した。車線変更時、ミラーの確認を怠った。ミラーでの確認を徹底し、車線変更を行う。
H30.06運転中物損製品(パネル)の区画養生(A型バリケード)に気づかず、カーブ時接触した。A型バリケードが死角になっていた。現場の事前確認を徹底。
現場の人との打ち合わせ
H30.07運転中物損乗用車に道を空けてあげるためバックしようとして、後ろのスクーターに気づかず接触した。後ろの確認不足。後ろの死角に常に留意し、安全確認を徹底する。
H30.08運転中物損バックで現場入場時、フェンスに接触し、フェンスを破損した。警備員の誘導だけに従い、事前に自分の目で確認しなかった。現場確認の為に必ず一旦降りる。
H30.08作業中トラブルDPFランプが点滅した為、手動ボタンで対処した際、車両後部に置いてあったシートに気づかず火災が発生した。車両後部の確認不足、燃える可能性があるという知識がなかった。判らないことは、先輩に聞く。車両周囲の事前確認
H30.09運転中接触真夜中走行中、街路樹にミラーステーが接触した。道路の左側に寄りすぎた。
前方確認、夜間時のハイビームの使用
H30.09運転中追突渋滞時、前方の車両に追突した。渋滞時にケータイのナビを見てしまい、前方を見ていなかった。ナビを操作する際は、必ず停止する。
H30.09作業中物損ラッシングベルトをゆるめ、荷物が落下した。フォークリフトが積荷に構える前にラッシングベルトをゆるめた。焦り焦らず、1回ずつ確認しながら作業に臨む